話題の「フェムケア」

最近「フェムテック」「フェムケア」というワードを
耳にする機会が増えましたね(o^^o)

今回は話題の「フェムケア」についてご紹介です☆

フェムテックとは?
→「Female(女性)」「Technology(技術)」をかけ合わせた用語で、
女性の心身のケアのためにテクノロジーを駆使して作られたサービス。
女性特有の課題をアプリやAIなどのテクノロジーを使って解決する。

フェムケアとは?
→「Feminime(女性)」「Care(ケア)」をかけ合わせて作られた新しい言葉で、
月経・妊娠・更年期など、女性の身体や健康のケアをする製品やサービス。
女性性やホルモン分泌に関連した悩みを解決する商品やサービスのこと。

今注目されている3大フェムケアがこちら
↓↓↓

【 脱毛 】
デリケートゾーンは妊娠、出産、排泄、セックスに関わる大切なパーツ☆

本来はデリケート部分を守る陰毛ですが、
月経の経血が絡み付いたり、蒸れやすくなったりと、
清潔を保つのが陰毛のせいで難しくなってしまいます(>o<)

今話題の「フェムケア」_20230802_1

VIO全てを脱毛するのには抵抗ある方も、
膣周りのIラインやお尻周りのOラインだけでも脱毛することで、
清潔感を保ちやすくなりますよ◎

【 洗浄 】
敏感なパーツでもあるデリケートゾーンは皮膚も薄いので
お察しの通り、ゴシゴシ洗いは良くありません(×_×)

洗いすぎは乾燥を引き起こしたり、痒みや痛みの原因にもなるので
デリケートゾーンを洗う時は洗浄力の強いボディーソープも避けていただきたいです!

今話題の「フェムケア」_20230802_2

デリケートゾーン専用のソープを使用して、優しく洗うと良いです◎
(※膣の中は自洗作用があるので、洗うのは避けましょうね)

【 保湿 】
洗浄の次に大切なのは、保湿!!!

乾燥した状態で下着と擦れてしまうことで痒みや黒ずみの原因にもなるので、
お顔のスキンケアと同様、入浴後には優しくしっかり保湿しましょう(o^^o)

今話題の「フェムケア」_20230802_3

デリケートゾーンはお顔の約40倍吸収率が高いので
保湿もデリケートゾーン専用のものをご使用いただきたいです(*^O^*)

今話題の「フェムケア」_20230802_4

デリケートゾーン周りをケアすることで
体調や肌質、女性特有のお悩みを解決するファーストステップに♪

まずは三大フェムケアからスタートしましょう!(^^)!

関連記事

  1. 妊婦さんの脱毛

  2. 洗って防ぐ新習慣 ☆ DeRit(デリット)☆

  3. あなたの知らないデリゾの世界

  4. 食べたことを「なかったこと」に!!

  5. まつげのお手入れしてますか??

  6. もぅ剃らなくていいんです!